放課後ラボロ1回目

 

こんにちは!
「放課後ラボロ」を主催させていただいております、イラストレーターのAroです。

「昔は喫茶店などに作家が集まって制作談義に花を咲かせていたそうです」
「創作ルームLABOROにもたくさんのクリエイターさんが集まってくるでしょうから、各々の持っている情報を交換できたり、作品を見せ合えたりしたらすばらしいですよね!」

…お店が開業して少しした頃、オーナーにこんなことを話したのが、「放課後ラボロ」の始まりでした。

その後、オーナーがいろいろとアイデアを出してくださいまして、あれよあれよと第一回が開かれたのが先月の17日。
初回にもかかわらず、建築家、イラストレーター、ハンドメイド作家、水彩画家、遊書家など、個性豊かな8名のクリエイターさんが参加してくれました。
まずは各々自己紹介、続いて作品の披露やSNSのつながりを広げあい、一緒にカレーも食べました。

「そういうお仕事」があることや、
「こういう作品」を作る人がいることは、
インターネットや美術雑誌などで知っていたけれど、どんな人が、どんな風に作っているのか、
「生」のことはほとんど知らなかったので、とても新鮮でした。
参加者の中には、旧知の方もいましたけれど、ゆっくり作品の話をしたことがなかったので、やっぱり新鮮でした。

「ものをつくる」ということは、多くの場合、孤独ですよね。
チームで作っていても、同じ人とのつながりは深まっても、なかなか関係が外に広がりづらいこともありますよね。
インターネットやSNSも便利になって、作品公開の場は増えましたけれど、
実際に人に見てもらったり、作品について話したりする機会はなかなか見つかりません。

人に自信作を見てもらうことで、もっと自信が持てたり、
人の自信作を見て(ちょっと嫉妬しながらも)ヤルゾー!と気持ちがたかぶったり、
他の人の「つくる」アプローチから、自分の創作に活かせるアイデアが見つかったり、
「放課後ラボロ」もそんな場所になっていったらいいな!

ということで、第二回も開催します!

4月23日(月)の18:30〜

テーマとして、「春」の作品での交流を考えておりますが、もちろん、それ以外のものでも大歓迎!
「作品」をキッカケに、どんどん交流しましょう〜!!

    error: