水彩紙のこと

 

LABOROを始めるきっかけのひとつは「水彩紙」でした。

透明水彩を始めたばかりの頃、本で紹介されていたポピュラーな水彩紙が合わず約30種類の水彩紙を試しました。

そこで感じたのは「人のおススメがあてにならないこと」でした。

描きたい絵、描き方、絵の具、筆……無限にある組合せの中から自分に合った画材を見つけるには、自分で試すことが一番だと知りました。

そして、自分のお気に入りが見つかった時、絵を描くことが前よりもずっと楽しく感じ、好きになっていることに気が付きました。

「画材を試せる場所が欲しい」そんな願望から画材を試して購入することができるお店が始まりました。

今後はブログでLABORO取り扱い画材についても書いていけたらと考えております。

    関連記事

    1. 水溶アルキド樹脂絵具「アキーラ」

    2. ターナー 色彩「ミルクペイントforガーデン」

    error: